「奥の手」はあまり使われなくなった言葉かな。

ビジネスの世界では
危険予知とか言う言葉が一般的になり
奥の手はリスクヘッジの手法として
事前にどんどん公開される傾向にあるからでしょう。

一歩プライベートの世界でも
情報が過多の状況で「奥の手」はネットで検索して
探す物に変化しているようです。

自分だけしか知らないとっておきの「奥の手」って
何かあるのかな。

わっはっは!
家族とお友達の力かもしれないな。