12月になりました。

師が走る位なのだから昔から目まぐるしく忙しい月なのでしょう。
この師とは僧侶であったり師匠であったり色々な説があるようです。
どちらも普段は走り回る事はしてないですね。

さて実際はどうかなと見てみますと、景気は芳しくないのですが
忙しさは例年以上のようです、
仕事は途切れることなく舞い込んできますので、
あまりの多さに思わず天を仰ぐ事が多くなりそうです。

そう言えば今日は冬の夜の星空になっていましたよ。