台風6号が日本に接近してきており、非常に気になります。

昨年発生した14の台風の内、日本に上陸した代風は
台風7号が沖縄を横断して朝鮮半島に上陸したのと
台風9号が北陸に上陸という珍しい進路。
台風の上陸が珍しく少ない年でした。
昨年は夏の猛暑が10月まで続いた事いい、
日本の季節感が破壊された夏と言えたでしょう。

今年は日本の季節の移り変わりのどおり、
梅雨の時は梅雨らしく、梅雨明け直後の初夏も初夏らしかった。

そして台風6号の到来。
台風らしさを希望するつもりは毛頭ありませんが、
強い勢力を持った大型台風でゆっくりした速度で台風銀座を進んでます。
これって日本の夏の台風の典型的なパターン。
なので注意が必要です。

できるなら進路を変更して南の海に帰っておくれ。