カテゴリー : 事件・出来事

爆発事故

山具県の三井化学工場で爆発事故が発生いたしました。

発生状況を調べるとプラント不具合による停止作業中の事故とのことです。

プラントを安全停止するためにはマニュアルどおりの作業が必要です。
異常加熱や昇圧を防止するための作業です。
停止操作の手順を誤ると今回のような爆発事故の可能性も。

今回はプラントの不具合で運転を停止するとういう通常とは違う状態だったようです。
不具合によりマニュアルに記載されていない事象が発生していたのかも。

緊急対応に迫られ正確な操作判断ができず事故が起こったのかもしれません。

亡くなられた方のご冥福をお祈りさせていただきます。

低気圧

日本海で発達した低気圧が通過いたしました。
熱帯で発生する台風とは発達の仕方が違うので台風とは呼べないのでしょうね。
ですがその勢力は台風と同等でした。

この低気圧の影響で、
空の便の運休はもとより、首都圏の鉄道も多くの路線で運転見合わせが出ました。
風災害への備えも必要です。
今日のような春の強風も想定外の強風として説明されるのでは。

春到来

今日は強風が吹き荒れました。
雨も降ったので春一番と言うより春の嵐と言った天気でした。

強い風にあおられて風力発電設備の部品の落下事故もあったようです。
強風に対する万全の対策は難しいですよね。
また想定外という言葉を聞かされるかもしれません。

一方で東京での桜の開花報告もありました。
例年より数日遅いようです。
開花が遅かった分一気に開花が広がるかも。

次の週末は絶好の花見日和になるでしょうね。

原発

柏崎刈羽原発6号機が運転を停止しました。
これで東京電力の原発は総て停止状態となりました。
国内で稼働している原発は北海道電力の泊原発3号機の1基だけに。
この1基も5月には停止する予定。

これは日本で大多数の人が望むと言って選んだ結果です。
さてこの現実を目の当たりにしてどう受け止めるか。
これが望むべき姿なのかどうか。
私には何か違和感が。

代替でフル稼働している火力発電は理想の発電方法なのか?
石油や天然ガスを燃やすのは安全と言えるのか?

化石燃料は枯渇する。それもそれ程遠くない未来に。
その時、その現実を今から想定して考えないと。

日の長さ

24時をまわったところで寝落ちしてました。
夜遅くまで起きている事が、体力的にできなくなってきています。

さてお布団を敷く前に一言だけ。

春分の日を過ぎたので、夜より日中の時間が長くなりました。
昔の人は働ける時間が長くなったと喜んだ事でしょう。
今は夜も働いているので日の長さのありがたさも、あまり感じないかも。

お彼岸

今日の日中は春を感じさせる暖かな陽気になりました。
お彼岸と言うことで女房の実家のお墓参りに行ってまいりました。
暖かな陽光の下でお墓のお掃除とお参り。
義父の笑顔を思い浮かべておりました。

最近できた霊園に新しくお墓を建て義父のお骨を納めております。
霊園の通路は広々しており色彩も明るい色のタイルレンガ張り。
公園のような雰囲気です。
お寺の墓地の薄暗い雰囲気はありません。

これからは、このようなお墓も良いのかも。

休日

今朝は日曜日なのに6時前に起き出して家族のひんしゅくを買いました。
これは早出の月曜日と勘違いしたためです。
これには我ながら呆れました。
午後は昼食を食べて横になったとたん爆睡。
気が付いたら日が暮れてました。

睡眠時間のつじつまは合っていますが、何か損をした気分です。
やはり休日は朝寝坊をして、午後はやりたい事をしっかり楽しむでなければ。

まあ、身体を休める事はできましたので良しとしましょうか。

TOP