タグ : 夜

リズム

今週は忘年会でちょっと生活のリズムが狂いました。

夜のパソコンに向かう時間が無くなり、情報の収集とこちらからの発信もできてません。
その状態が二晩続きました。
今晩は溜まった情報の交通整理を行っております。

なんとか寝落ちしないよう目を擦りながらパソコンに向かってますが、
身体の方からは居眠りモードへシフトするよう強い要求が激しくなっております。

夜も多忙

一日中バタバタし通しでした。

日中はバタバタとお仕事をして、遅くなったので自宅へ急いで帰り
洗濯物を畳んで晩ご飯の準備してお食事にありつけました。
食後に本日中に済ませなければならなかったサーバーの
設定を大急ぎでしたところです。

自宅に戻ってからも息をつく間がありません。
これが毎晩のペースです。
26:00平均手的な就寝時間ですので。

この日記もその日の内に書き留めるのが自分流。

自宅の夜も大忙しなのです。

夜景

高層ビルの窓から夜景を見るのが好きだ。

夏ならば花火の美しさに魅せられます。
地上から見る美しさとはひと味違いますよね。

今日は東京タワーのイルミネーションの美しさに
どきっといたしました。
照明の効果もおおきいのでしょうが
オレンジと白のガラス細工のように見えました、
日中見ると鉄の塔にしか見えませんが。

年に何度がスペシャルのライティングに変わる時もあります。
それはそれで美しいですね。

スカイツリーの夜のシルエットも楽しみですね。

眠い

今日は一日中眠くてたまりませんでした。

毎晩の睡眠時間は4~5時間のゴロ寝。
朝の満員電車の中で30分の立ち寝。
お昼休みの20分の伏せ寝。

お休みの日にお昼寝をして睡眠時間を多少稼ぐのですが。
寝溜め効果は持続性がありませんので。

わははぁ。
寝ます。

夢の続き

今朝は涼しかったせいか良く眠れました。
安らかに眠った時は見た夢を覚えていますよね。

昨晩も夢をみました。
不思議とストーリーがあってどこか過去の記憶につながっている。
夢の中で考えていくと以前見た夢の続編になっているのです。
その夢は朝が来て目が覚めて途中で終わってしまっていた夢。

けさは夢の続きに身を任せる事に。
ストーリーが進みこれからクライマックス場面かなと思った時に
朝の目覚めが・・・。

わっはっは!
またこの夢の続きを見ることになるのだろうな。

虫の声

夜の9時頃日テレのズームインのオープンスタジオの前をとおりました。
鉢植えの植物が多く並べられていてちょっとした緑地となってます。

そして夜は虫の声が鳴り響いております。
この緑に虫たちが集まっているのかな。
それにしても大きな鳴き声だな・・・・・

ん?

これって生の虫の声なのかな???
放送局の前ですので虫の声を流しているのかも・・・・・

妙な疑問を感じてしまいました。

わっはっは!
虫の声が聞こえるのはこの一角だけなのですよ。

花火

夏の風物詩と言えばやはり花火でしょうね。
夏の夜空をキャンパスに火で花を描く打ち上げ花火の出来は
花火職人さんの腕によるのでしょうね。

打ち上げて見なければどのような花が開くかは分かりません。
自分の描こうとする火の花のイメージに合わせて火薬を調合する。

見物している人間にしてみれば「綺麗」「凄い」時には「しょぼい」と
花火の出来を楽しむだけですが、
打ち上げる花火職人さんにとっては自分の頭で描いたイメージと
実際のイメージとの照合を行い、次の花火のイメージをつかむ作業を
行っているはずです。

私たちには一瞬で消えてしまう火の花ですが、
花火職人さんには花火をつくる限り自分の記憶から消えることはないのでしょう。

もしかしたらパソコンを使ってシミュレーションをすることも可能かもしれません。
今までみたこともないデジタル打ち上げ花火の創作です。
でもそんな花火をお客様の前で打ち上げることは職人さんにはできないでしょうね。

毎回毎回が修行。
次の作品は今回の作品の出来を上回ること。
時間と経験の積み重ねというアナログ感覚が風流という味をかもし出しているのでしょう。

わっはっは!
今晩は近所の花火大会の打ち上げ花火の音が華やかに聞こえてましたよ、

TOP