タグ : 食べる

寝る二時間前以降の食事

寝る二時間前以降に食事を採ってはいけないと良く言われてます。
これはメタボ体質になり易いからなのでしょうね。

栄養が身体に良く吸収されるから。
でも、それって身体のためには一番良いのでは?

食事を採った直ぐ後に眠るということは、安静状態になるということですので
体内の活動が全て食物の消化に当てられることになり
胃と腸への保護になるはずです。
栄養の吸収率も高いので少ない量の食事で足りる事になります。
食材も節約できるのでは。

要するに少ない量の食事で済ませる事ができるのであれば
寝る間際に夕食を採った方が理想的なのではと考えております。

私の夕食は、22:30 ~ 23:00 頃に採るのが通常ですので。
晩酌もしませんし、ご飯は軽く一膳です。
おかずも一品か二品で軽くという感じ。

これって以外と健康的なのかもしれませんね。

あんこ

私はあんこが好きです。
「どら焼き」「おはぎ」「餡団子」「あんぱん」・・・
目の前に置かれれば遠慮無くいただいてしまいます。

一日でもあんこの入った食べ物を抜くと禁断症状が・・・。
あんこが無性に食べたくなるのです。
なので我が家には必ずあんこの入ったお菓子がおいてあるのです。

これって私の弱点のひとつなのかもしれません。
メタボ対策をやろうにも食べる方でハンディが大きすぎるので
なかなか体型コントロールが思い通りになりません。

おまけに秋で食欲はましてきてますしね。

禁あん日を設定しないといけないかも。

TOP